第1回 銭湯俳句コンテスト 年間最優秀作を発表!

2021年5月17日

2020年4月から2021年2月に実施された第1回銭湯俳句コンテストは、866句の応募がありました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

一般社団法人 日本銭湯文化協会にて選考が行われ、春・夏・秋・冬の各秀作の中から最優秀作が決定しました。年間最優秀作は、選者・岸本葉子氏が直筆で色紙にしたため作者に贈呈します。

銭湯へ一枚羽織る月の道

岡野みつる

《解説》夜はもうすっかり寒くなった。月が照らす道をセーター一枚羽織り、銭湯へ。