銭湯検定2級試験を実施しました



日本銭湯文化協会は7月23日、銭湯検定3級合格者を対象として2級試験を実施しました。

今回の銭湯検定2級は、合格すると「銭湯ガイドマイスター」採用者名簿に登録され、銭湯文化を内外に広めるために、将来全国の銭湯ツアーのガイド役として活躍できる資格を得られます。

合格者には8月31日、合格証が発送され、5人の審査員全員が「優秀論文」と評価した6名の論文については、ホームページで公開する予定です。

なお、受験者全員に、受験記念としてオリジナル巾着袋が送られました。

今後の2級試験につきましては「銭湯ガイドマイスター」以外にも、実益に結びつく資格が協会で検討されています。銭湯検定4級、および3級に合格した方々は、今後も銭湯の発展のためにいろいろな角度から考察を深めてくださいますようお願いいたします。